腸内フローラと健康
 
腸内フローラとは
 
私たちのおなかの中には、たくさんの細菌が住みついています。腸内に住む菌は、腸内菌といい、種類は数百種類、その数は、約100兆個にもなります。これら多種多様な細菌の集団を植物が群れている様子(叢・くさむら、フローラ)になぞらえて、腸内細菌叢、あるいは腸内フローラと呼んでいます。
1個1個の腸内菌は、肉眼で見ることができないほど小さな生き物ですが、100兆個(ヒトの体細胞数は約60兆個)にもなると、人の健康にさまざまな影響を与えるようになります。そこで、腸内菌をその働きや人体に対する影響から分類すると、乳酸菌などのような有用菌、ウェルシュ菌などのような有害菌、そしてどちらにも属さない中間の菌に大別できます。
私たちが健康でいられるのは、有用菌が有害菌を抑える形で、腸内フローラが一定のバランスを維持しているからです。逆に、何らかの原因で有害菌が増えると、腸内腐敗が促進され、アンモニア、フェノール、インドールなど人の健康に有害な物質が増えます。これらは、腸管から吸収され、長い間には肝臓、心臓、腎臓などに負担を与え、老化を促進させたり、がんをはじめとするさまざまな生活習慣病の原因ともなります。

腸内細菌の主な種類と働き腸内細菌の主な種類と働き


戻る インデックスへ 次へ